パレスチナの平和を考える会

トークカフェ
「ジャーナリスト土井敏邦さんが語るパレスチナの明日」

2006年3月11日(土)午後4時〜6時30分
大阪:地下鉄「動物園前」/JR「新今宮」すぐ:cocoroom

1月25日のパレスチナ評議会選挙におけるイスラム主義勢力ハマースの圧勝は、中東のみならず、世界に衝撃を与えました。

一方、パレスチナ西岸地区における「隔離壁」建設やユダヤ人入植地拡大は、シャロン首相が脳出血で倒れた後も、とどまることなく、急ピッチで進められています。

こうした、国際社会が黙認してきたイスラエルの占領政策に対するパレスチナの人々の思いが、今回の選挙結果に現れているのだと考えられます。

今回の企画では、長年パレスチナ取材を精力的にされてきたジャーナリストの土井敏邦さんに、歴史的転換点にあるパレスチナの現在、そして今後の展望について語って頂きます。また、これまで土井さんが取材してこられた現地の映像を紹介していただき、参加者の皆さんも交え、ざっくばらんに意見交換をできればと考えています。

【企画詳細】

日時:
2006年3月11日(土)午後4時から午後6時30分
会場:cocoroom
フェスティバルゲート4F
tel:06-6636-1612
www.kanayo-net.com/cocoroom
地下鉄「動物園前駅」5番出口/JR環状線「新今宮駅」下車すぐ
南海「新今宮駅」下車5分/阪堺電鉄「南霞町駅」下車すぐ
参加費:
1000円(1ドリンク付)

ココルームの玄関写真

主催:パレスチナの平和を考える会
協力:DAYS JAPAN 関西サポーターズクラブ

問い合わせ連絡先:
Tel: 090-9273-4316
Email: ysige@hotmail.com(やくしげ)

【ゲスト紹介】

土井敏邦さん
フリージャーナリスト。1985年以来、パレスチナの取材を続ける。著書に『パレスチナジェニンの人々は語る』(岩波ブックレット)、『現地ルポ・パレスチナの声、イスラエルの声』(岩波書店)、ほか多数。

詳細なプロフィール

パレスチナの平和を考える会