パレスチナの平和を考える会

3.8緊急講演会「エジプト革命と中東情勢」

講師:板垣雄三(東京大学名誉教授)

2011年3月8日(火) 午後6時30分-9時
エルおおさか 709号室

趣旨

チュニジア、そしてエジプトで続いて起きた親米独裁政権の崩壊は、大国の押し付ける抑圧政治から自立しようとする「中東」の人びとの欲求と実力を鮮やかに印象付けるものでした。

この若者を中心とした草の根のエネルギーの連鎖は、この地域における民主化の最大の障害ともいえるイスラエルによるパレスチナ占領の現状にも大きな影響を与えるものと考えられます。

今回の講演会では、半世紀以上にわたり、パレスチナを中心とする中東研究に精力的に従事してこられた板垣雄三氏に、この間の民衆革命の背景と今後の展望について語って頂きたいと思います。

植民地主義の遺制・発想から脱却し、自立を求めるアラブ民衆の歴史的な闘いから、日本に暮らす私達が何を学ぶべきか、ともに考えたいと思います。ふるってご参加下さい。

企画詳細