イスラエル・アパルトヘイト週間2014 in 東アジア

2014年3月27日~31日

動画をYouTubeで再生する

(字幕は画面下部の[cc→設定/Settings/オプション]で調整できます)

「パレスチナの平和を考える会」は、「イスラエル・アパルトヘイト週間2014」に参加します。

10年目を迎える今年のイスラエル・アパルトヘイト週間には、パレスチナと南アフリカを含む30か国(地域)以上、約150都市の市民グループが参加します。

目的は、イスラエルによるパレスチナ人に対する植民地支配とアパルトヘイト政策について広く国際社会に知らせ、BDS(ボイコット・資本引揚げ・経済制裁)運動を拡大することです。

今回、初めて日韓のパレスチナ連帯グループが連携するかたちで、イスラエル・アパルトヘイト週間に東アジアの市民が参加することになりました。

占領とアパルトヘイトの下で生きるパレスチナ人を気にかけ、すべての人種主義に反対する市民であれば、どなたでもこのキャンペーンに参加することができます!

■期間:2014年3月27日~31日

※国際的な「イスラエル・アパルトヘイト週間2014」は、2月下旬から3月末まで、地域ごとに期間を定めるかたちで順次行われています。(英米:2月24日-3月2日、欧州:3月1-8日、カナダ:3月3-11日、パレスチナ:3月8-15日、南ア:3月10-16日、ヨルダン:3月27-29日など)

■場所:ソウル・東京・大阪など(3月23日現在)

■呼びかけ

■内容

※どんなに小さなことでも構いません。何かアクションを企画される場合は、ぜひご一報ください。

【連絡先】
パレスチナの平和を考える会

ストップ!ソーダストリーム」キャンペーン
「ストップ!ソーダストリーム」キャンペーン