home
講演会の御案内

軍事占領下に生きる女性と子ども達(仮題)

〜フリージャーナリスト古居みずえさんのパレスチナ現地報告〜

長年、パレスチナに生きる人びと、とりわけ女性と子どもに焦点をあてて取材をされてきた古居みずえさんに激動のパレスチナ情勢を映像を交えて報告していただきます。ぜひ、ご参加ください。
チラシ・ダウンロード(PDFファイル、107KB)


日時 ● 2005年3月6日(日) 14:00〜16:30(13:30開場)

赤ん坊に乳を含ませる母親の写真(撮影・古居みずえ)
講師 ● 古居みずえ
1948年、島根県生まれ。難病を患い闘病生活の後、写真展でパレスチナ問題に出会う。会社員生活にピリオドをうち、1988年からパレスチナ取材を始める。イスラエル占領下に生きるパレスチナの人々、特に女性たちの生きざま、そしてイスラム社会に生きる女性たちの生活を撮り続ける。ビデオカメラによる取材も開始。NHKなどのTV番組に発表。主な著書に、『インティファーダの女性たち』(彩流社)、『匿されしアジア―ビデオジャーナリストの現場から』(風媒社)。写真展『抵抗の大地から―パレスチナの女たち』を発表。
会場 ● ドーンセンター(大阪府立女性総合センター)
TEL.06-6910-8500、中央区大手前1-3-49
・京阪天満橋駅・地下鉄谷町線天満橋駅:1番出口 から東へ350m
・JR東西線大阪城北詰駅2号出入口から西へ550m
地図
参加費 ● 1000円(資料代込み)
※平和を考える会賛助会員は800円
※中高生は500円、小学生以下無料

お問い合わせ

パレスチナの平和を考える会