前へ                 INDEX                 次へ 

最新ニュース              2002年1月23日(木)


昨日、イスラエルの戦車がナブルス市の内側へ1キロ侵入した。特殊軍事ユニットのメンバーであるその部隊はある建物を襲撃して、一つのアパートメントにいた4人のハマスのメンバーを殺害した。特殊部隊は4人の死体を細かく切り刻んだ。ある死体は、浴槽で血のなかに浸かっていた。兵士達はさらに、同じ建物のなかに住んでいた9人の市民を逮捕した。軍事作戦の最後に彼らはハマスのメンバーがいたアパートメントを爆破した。住民達は、突然の暴力と砲火のショーによって怯えていた。
アパートメントでの殺人現場を見た一人の住人がアル・ジャジーラ・テレビで語っていた。「私はどのように4人が殺されたのか表現のしようがない。どのような言葉をもっても、その光景を言い表すことはできない。」イスラエルの高官は、ハマスの爆弾工場を破壊したのだと主張している。

イスラエルのナブルスへの攻撃の後、パレスチナ人のガンマンが西エルサレムの大通りでイスラエル人たちに向けて機関銃を乱射した。約20人が負傷した。死者が出るかもしれない。しかし、この攻撃はファタハの軍事部門、???・アル・クッズによるものだった。攻撃後、このグループはテレビ局に連絡をして、この攻撃は彼らの指導者、アル・カルミがトゥルカレムでイスラエルによって殺害されたことに対する復讐として行われたと語った。彼らはさらに続けて、シャロンは、その暗殺政策によってイスラエル市民の生命を危険に晒していると言った。

あるビラによると、同じ日の1月23日、有名なハマスの指導者は、イスラエルによる新たな4人のメンバーの殺害の代償をイスラエルは払うことになるだろうと言っている。間もなく報復を行うことになると彼は言っている。このように、情況は悪化し始めているようにみえる。これまで3週間静かだった。今、新たな報復の連鎖が始まってしまった。

ガザ市、
2002年1月23日

B.サーメド


→英語原文





  前へ                 INDEX                 次へ