前へ                 INDEX                 次へ 

7月10日のラファー         2001年7月18日(水)


この2週間ほど、イスラエル軍と入植者達はパレスチナの都市や村、農場への卑劣な攻撃を繰り返している。もっとも暴力的な攻撃の一つが、7月10日、ラファのエジプトとの国境のフェンス付近で起こった。その地域の住民は戦車とブルドーザーの音で目を覚ました。ある場所―サラディン・ゲート―ではイスラエルは26の家屋を破壊した。今ではこれら126人の人々はラファの下町の中心部でテント暮らしをしている。UNRWAと赤十字(三日月?)がテントを提供した。多くの年寄りが、今回で3回、難民になる経験をしたと言った。一回目が1948年、2度目が1967年、そして今回、2001年7月である。

テントの人々は非常に怒っていた。多くの若者はアメリカがイスラエルに武器を与え、国際保護軍の派遣を拒否していることに対して怒りの声をあげていた。これらの人々のほとんどは、イスラエルの虐殺を世界に報告するための中立の調査団の派遣を求めていた。それは、世界が彼らに関心を向けてほしいというメッセージだ。

多くの人びとは、悲劇がすぐに終わることを求めていた。他には、報復として、イスラエル領内でのさらなる自殺攻撃を露骨に求める人々もいた。そうした声を聞いて、若い子ども達は歓声をあげ、口笛を鳴らしていた。

→英語原文



ガザ地区、ラファーのダウンタウンに最近立てられたテント。7月10日、イスラエルの戦車とブルドーザーが26戸の家屋(125人が住んでいた)を破壊した。
ラファー、7月14日

新たな難民を収容するためのテントが立ち並ぶラファー市の通り。

破壊された自分の家の前の壁に座るイブラヒーム。家は、ラファー難民キャンプにあり、エジプトとの国境から数十メートルしか離れていない。7月10日にイスラエルの戦車が彼の家を砲撃した。
2001年7月14日、ラファー


奴らが我々を路上に追いやったんだ。」
もともとはヤッファ出身で、再び難民となったファーティマは、1948年の最初に難民となった7歳の頃を思い出した。
2001年7月14日、ラファー


後ろに見えるのは、辺り一帯を見渡す監視塔。イスラエルの戦車はこの地域のほとんどの家を壊してしまった。
2001年7月14日、ラファー






  前へ                 INDEX                 次へ