前へ                 INDEX                 次へ 

今日のパレスチナの新聞の見出し   2002年5月30日(木)


・イスラエル、ラマッラーの外界からの隔離を継続
・西岸のヤトマで一人が殉教、ラファではイスラエルの攻撃により多数が負傷
・カルキリヤが再占領、ベツレヘムでの占領は継続


・シャロン政権、軍事侵攻政策の継続を決定
・モファズ(イスラエル軍参謀総長)がアラファトの追放を示唆


・ガザ地区に入ろうとしたエジプト人男性が溺死
(ニュースによると、この男性はインティファーダに参加するためにガザ地区に入ろうとした)


・イスラエル、エルサレムで自爆攻撃を実行しようとしたパレスチナ人の少女を逮捕したと発表


・サウジアラビアのアブドゥッラー皇太子、イスラエルによる圧政の行き過ぎに対して警告


・「イスラエルの目」が宇宙から中東を監視
(ニュースの内容:2002年5月28日、イスラエルはテルアビブ近郊の基地から新しいスパイ衛生を打ち上げた)


・アラファト、新内閣発足にむけた協議を開始
・多数の「新顔」が閣僚に指名される見込み


・大統領布告により地域選挙委員会が発足


2002年5月30日
ガザ市

B.サーメド


→英語原文












  前へ                 INDEX                 次へ